ロイヤルベルリンKPM 【ベースコレクション】 フローラ双鳩文:輸入洋食器店アイン  - f34c8

2019-06-06

ロイヤルベルリンKPM 【ベースコレクション】 フローラ双鳩文サイズ:H25cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

1933年 ジークムント・シュッツ原作
原画は ユーゲント・シュティル(アールヌーヴォー)の旗頭 ジークリート・フォン・ウンルーによる
1991年 復刻版 H25cm

KPMとは 王立磁器窯 (キングス ボースレイン マヌュファクトリー)
今でこそ KPMといえば ロイヤルベルリンとイコールですが 
本来 マイセンや フュルステンブルグや ニュンヘンブルグ等も
  王立磁器窯ですから KPMを 名乗っておりました。

欧州磁器戦争史 KPM(王立窯) ロイヤル・ベルリン−1
1701年 錬金術師ベトガーは フリードリヒ1世(後の大王の祖父)のベルリン王宮から 呼び出しがかかった時 賢者の石を持っていない事が 露見するのを恐れ ザクセンへ逃亡しました。フリードリヒ王は 逮捕に ザクセンへ出兵しました。ザクセンのアウグスト強襲王は ベトガーが自国出生の 臣民であると主張し 逮捕を免れ 錬金術師を手に入れました。1709年 ベトガーが 黄金ならぬ 白い黄金の焼成成功をしたと 聞いた時 フリードリヒ王の心は いかばかりであったことでしょう。王が皆そうであったように フリードリヒ王も 白磁焼成の成功を 夢見ていた一人ですから 成功者が自分の手から奪われた思いは 想像に難くはありません。それは 息子フリードリヒ・ヴィルヘルム一世 孫である後のフリードリヒ2世にとっても同じことです
。1740年 ハプスブルク王家は 神聖ローマ帝国皇帝カール6世が崩御し マリアテレジアが 女帝として後継しました。この年 ドイツ最強のプロイセンでも フリードリヒ1世が 身罷った後を 後の大王 フリードリヒ2世が 襲任しておりました。
彼は 大変な節制家・富国強兵主義者であり かねてより オーストリアの肥沃なシュレジェンに領土的野心を抱いておりました。
マリア・テレジア女帝の皇位継承権に 異議を唱え 国本勅令を無視し この時とばかり シュレジェンに侵攻しました。
(この戦争に勝利したフリードリヒは アーヘン条約により シュレジェンと 大王の称号を 勝ち取りました)
1745年に フリードリヒ2世は オーストリア方に付いた ドレスデンを占領した時 マイセン窯を襲って 沢山の戦利品をせしめました。磁器は 美しい上に 巨利を生みました。
1751年 フリードリヒ大王は 織物商ウェジェリーに 資金応援して窯を開かせました。ヘキスト窯出身の ペンクグラフから秘法を伝えられ 窯は白磁焼成に 成功しました。しかし まだ 大王の満足できる 絵付け 造型の出来る前に ベルリン窯は王の財政逼迫から 1757年 援助を打ち切られ 閉窯に至り 残った職人達で 細々と制作を 続けていました。

欧州磁器戦争史 KPM(王立窯) ロイヤル・ベルリン−2
1756年 大王は イギリスを味方に ロシア・フランス・ザクセンを敵に回し 7年戦争の火蓋を切りました。鎧袖一触 又も ドレスデンを占領しました。
マイセン窯の設備や職人を ベルリン窯に移し 大王に相応しい銘窯を 考えました。しかし 工場は 既に もぬけの殻でした。大王は ザクセンの大臣ヘルビッヒに アルブレヒト城ごと 賃貸し マイセン窯を 再興させました。
再興なった窯に 自分用の磁器を 大量に作らせ 搾取するのです。マイセンの伝統の灯を消すまいと 残っていたケンドラーや職人をベルリンに引き抜こうとし 占領者の権力で 多くの職人を プロイセンのために働かせました。
(フリードリヒ大王は ザクセンの若き女性を 自国プロイセンの辺境へ拉致し 嫁の来ての無い男達に 妻合わすのです。18世紀の国際法にさえ 明白に違反する行為を 平然とやってのけております。) 
祖父の代からの 錬金術師ベトガーにまつわる 積年の恨みとはいえ サンスーシーの三悪人と呼ばれた 頭目の 面目躍如足るところです。
1759年 大王は 旗色一変して 各地で大敗を喫し イギリスの援助も打ち切られ 死を覚悟したほどでした。ところが幸運にも ロシアのエリザベータ女王(王立ペテルスブルグ窯の創立者)の死去を機に 1762年 ロシアがプロイセン側へ 寝返る方針転換に 大王は救われました。
その前年 大王は商人ゴッコウスキーに ベルリン窯の再開を 下命しました。
ゴッコウスキーは マイセンから引き抜いた職人達の 尽力により 大王の満足する作品を 完成させました。
しかし 大王の威信をかけた 作品作りに 莫大な資金を費やし 破産の危機に瀕しました。大王は面子にかけて ゴッコウスキーを助ける為に 窯を買収し ロイヤル・ベルリン窯を 設立しました。
1763年 7年戦争 戦勝終結 の年でした。荒廃した国家再興に大王は 美術磁器の 制作に 自ら携わり ジャーマンロココを確立し 巨利を得たのです。ビーダーマイヤー時代には カール・フリードリヒ・シンケルを得て 窯は 時のリーダーとして 名声は上る一方でした。
それは セーヴルと共に マイセンをしのぐ勢いでした。
その後も ネオクラシック期には ベルリン・エンパイアスタイル, ビーダーマイヤー期のカルル・フリードリヒ・シンケルによる 斬新な実用デザイン, 短期間ながら 世界の美術界に多大の影響を与えた アールヌーヴォー期には いち早くユーゲント・シュティル(バウハウスへ影響)を確立し 造型・装飾において 他の追随を許さぬほどの 銘窯となりました。
今も昔変わらぬ 全工程手作りを一貫しております。近年 1年ほど 工場の制作が 止まったことがあります。資本家側が 大手マイセン並みの機械化をなし コストカットを企図したため 文化・芸術の伝統を 自負するマイスター達が 叛旗を翻したのです。
ベルリン市は マイスター側に立ち 資本家たちに譲歩を 求めました。王立窯の美術食器は 元来 採算無視を承知の上 男のロマンから窯を持った資本家側が折れ 今も昔変わらぬ 全工程手作りを一貫しております。









アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

1933年 ジークムント・シュッツ原作
原画は ユーゲント・シュティル(アールヌーヴォー)の旗頭 ジークリート・フォン・ウンルーによる
1991年 復刻版 H25cm

KPMとは 王立磁器窯 (キングス ボースレイン マヌュファクトリー)
今でこそ KPMといえば ロイヤルベルリンとイコールですが 
本来 マイセンや フュルステンブルグや ニュンヘンブルグ等も
  王立磁器窯ですから KPMを 名乗っておりました。

1763年 7年戦争 戦勝終結の年 フリードリヒ大王は ロイヤル・ベルリン窯を 設立しました。
荒廃した国家再興に 大王は 美術磁器の 制作に 自ら携わり ジャーマンロココを確立し 巨利を得たのです。ビーダーマイヤー時代には カール・フリードリヒ・シンケルを得て 窯は 時のリーダーとして 名声は上る一方でした。
それは セーヴルと共に マイセンをしのぐ勢いでした。
その後も アールヌーヴォー期には ユーゲント・シュティルを確立し 造型・装飾において他の追随を許さぬほどの 銘窯となりました。今も昔変わらぬ 全工程手作りを一貫しております。


価格
96,000円 (税込 103,680 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと6個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便